フリーターが面接の際に必ず聞かれる質問とは?!

どんな仕事をしていたのか聞く理由とは

 フリーターの間にどのような仕事をしてきたのかという質問は、その経験が就職後の仕事にはたして役立つのかどうか、また仕事が出来る資質があるのかどうかを知るために聞いているのです。もし、接客業のアルバイトをしていたとすれば、営業や販売の仕事に就いた場合、その経験がそのまま活かせますでしょうし、それ以外の仕事であってもビジネスマナーが必要ですので接客の経験がきっと活きてくるはずです。アルバイトであったとしても他のアルバイトの人をまとめる立場などだった場合は、後でリーダーとして活躍して貰えるのではないかという期待をしてもらうことができますね。

エピソードを交えて答えましょう

 こういった面接官の意図をよくくみ取り、こういった質問ならこう答えると高評価になるだろうといったことをいくつか挙げ、それを具体的なエピソードを交えて答えるといいでしょう。こういった面接官の意図をくみ取って、この質問に答えるなら評価に値するだろう事を一つか二つ上げ、それを具体的なエピソードで説明すると良いでしょう。

 この評価に値するポイントというのは継続力や統率力、創意工夫や体力、リーダーシップ力や情熱などといったものです。おそらくですが、長い間アルバイトをやってきた人なら、これらのうちどの能力化を求められるシチュエーションがあったはず。特別な難しい説明は必要ないので、面接の際に少しでもアピールすることが出来たら必ず高評価がえら得るでしょう。

web analytics