中卒者の就職活動の進め方のポイント

 中卒者の場合、就職活動においてネックになってくるのが、やはり、学歴です。求人の多くは、高卒以上、大卒以上となっており、中卒でも良いと言う求人を見つける事は非常に難しいのが現状です。その為、中卒者が求人を探す際は、高卒、大卒とは違った求人の見つけ方を行う必要があるのです。

中卒者の強みを考える

 中卒者の場合、学歴としては最低学歴になってしまいます。しかし、その反面、若さだけは取り柄になるのではないでしょうか。大卒者の22歳と比べると7歳も若くなってきます。その分、体力にも自信があるのではないでしょうか。そのような事から、体力勝負の求人なら中卒でも採用してもらう事ができる希望を持つ事が可能です。

学歴より経験が重視される職業

 すべての仕事において、学歴が重視されるといった事はありません。中でも長い年月、下積みが必要な仕事においては、少しでも早く下積みを始めるに越した事はないと思います。例えば、板前や物造りの職人など、学校で習う知識より体で覚える方が良い仕事もたくさんあります。そういった仕事に絞り求人を探す事で、少しでも就職する事が出来る事に一歩つながって行くと思います。

偏見に負けない

 どうしても、中卒者の場合、偏見の目で見られることもあります。そういった目に負けることなく、真面目に就職活動を行う事で、きっと自分にあった仕事に出会う事ができると思います。

web analytics