就職氷河期で就職ができなかった20代から30代の世代の転職のアドバイス

 1990年代から2000年代にかけて、新卒の時に就職氷河期に遭遇してから、自分の希望している職種に就職できなかった人が、希望している業種や職種に20代後半から30代にかけて再び転職にチャレンジする事をリベンジ転職と呼んでいます。

 1990年代から2000年代に就職した新卒の人の大半は、就職氷河期のために希望している職種に内定が取れずに、希望している以外の業種や職種に就職している人が多いです。仮に現在において営業などで実績を出して満足していても、過去において希望している仕事の憧れが捨てきれない場合もあって、そろそろ憧れの職種に転職したい人もいます。
 
 リベンジとしての転職を考える場合に関して、遅くとも30代の半ばまでに転職を果たしておく方がよいです。ただし、憧れの業種に転職を考えているならば、これまでに積み上げてきた実務経験なども考慮して、転職を決定しなければならないです。どうしても諦めきれない業種があるならば、元々希望している職種の転職にチャレンジしていく事が結果的に良い方向につながる場合も多いです。

【関連ページ】
25歳の転職活動
25歳は転職の適齢期です!

社会 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

 特に同じ職種で他の企業に転職を考えているならば、職種が同じであるので、転職後に入社した時に仕事に馴染み易いので、同じ職種なら転職後のリスクが低いです。いずれにしても、転職後は全く知らない業界に入社して、年齢が下である上司などに囲まれて仕事をしていかなければならないという覚悟を持つ必要があります。

web analytics